樹の実の空間

2017. 9

貝の造形は、時が刻むかたち。

潮の満ち引きー月と地球の関係ーがつくりだす造形。

 

写真は、三浦半島でみつけたマツバガイの貝殻です。

そのおおらかなかたち。ぼくには、傘よりも山のようにみえます。

ふっくらとしていながら、力強い量感。

 

青い地に赤茶の縞が目に映えますね。

この個体は頂上付近が擦れていて、真上からみて宗教画のようだな、と思います。

 

マツバガイのカサの高さは、地域によって差がある、ということをどこかで読みました。

場所場所の、波の違いによるものなのかな。環境がつくるかたち。

興味があるので機会をみて調べてみます。

 

  〈  note                〈 previous     next 〉